【KTAA取得企業向け】安心安全な広告運用と業務効率化で会社も顧客もハッピーな広告を作りませんか?

|KTAA取得の皆様へ


KTAA取得おめでとうございます!
前回はYMAA取得企業様向けにコノハをご紹介しました。
(その時の記事はこちらから:

【YMAA取得企業向け】業務効率化と安心安全な広告運用を両立させませんか?

)
実は、コノハは薬機法だけでなく景表法にも対応していることはご存知ですか?

今回は、
せっかくKTAAを取得したのに、資格を活用できてないなあ・・・
というライターさんや広告担当者の方へ
安心安全な広告運用のお手伝い、広告表現チェックツール『コノハ』のご紹介です!

|そもそも、景品表示法って・・・?


KTAA取得の際に景品表示法については問われていたかと思いますが、
改めて景品表示法についておさらいしてみましょう。

■景品表示法
(目的)
第一条 この法律は、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを目的とする。(不当景品類及び不当表示防止法 より)

また、景品表示法の中でも ”不当表示の禁止” に焦点を当てると
① 優良誤認表示の禁止
② 有利誤認表示の禁止
の大きく2つに分類されます。それぞれを詳しく見ていくと・・・

① 優良誤認表示の禁止
∟商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの
(不当景品類及び不当表示防止法 第五条一号より)

② 有利誤認表示の禁止
∟商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの
(不当景品類及び不当表示防止法 第五条二号より)

改めて、景品表示法、優良誤認と有利誤認について見ていきました。
KTAA取得以降、あまり目を通していなかったな・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
資格取得したとはいえ、実務でこれらの法律に違反していないかどうかを見極めるのは
時間もかかるし何より大変そうですよね・・・。

時間もかかるし、大変なのは分かる。そうは言っても・・・
”せっかく取得した資格を生かして、景品表示法、優良誤認・有利誤認に違反することなく
安心安全に広告運用がしたい!”
”広告監修における工数を削減したい!”
という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方におすすめなのが、弁護士監修・特許取得の広告表現チェックツール『コノハ』です!

|広告表現チェックツール『コノハ』って?


広告表現チェックツール『コノハ』は誇大広告になる恐れのある表現箇所をパッと指摘してくれるウェブサービスです。
6年以上かけて蓄積した広告表現のOKワードとNGワード5300語以上で構築したチェックデータベース『ツクヨミ』は特許を取得しています。
安心安全な広告運用のお手伝いができる、オンリーワンサービスです。

|薬機法だけじゃない!景表法にも対応しているコノハのいいところ


コノハは薬機法に対応しているのはもちろんのこと、景表法にも対応しています。
薬機法と景表法の両方をチェックしたいときは「薬機法・景表法」を選択。
景表法だけをチェックしたいときは「景表法」を選択すると
数秒〜数分でチェックが可能なんです!

目視監修って、時間もコストもかかりますよね・・・。従来の広告監修にかかるステップを比較してみると左図のようになります。
コノハを導入すれば、半分以下の工数に減らすことができます。なおかつ安心安全な広告運用ができちゃう魔法のようなツールです。
実際にご利用いただいている企業様からは、”仕事をしながら自分も勉強することができる一石二鳥のツールでとても助かっている” “コノハを導入して社内の意識が変わってきました” といったお声をいただいています。

(実際にご利用いただいている企業様のユーザーボイスはこちらから)

コノハユーザーボイス

せっかく取得した資格を生かしきれていない方でも、コノハを導入することで業務の効率化とともに
自分の知識を深めてKTAAを生かすきっかけとしてコノハを利用してみてはいかがでしょうか?
特許取得、弁護士監修の広告表現チェックツール『コノハ』を導入して、
安心安全で、会社も顧客もハッピーな広告運用を実現させませんか?

|お問い合わせはこちら


資料請求や、コノハについて一度話を聞きたい方は以下のフォームよりお問い合わせください。

ご覧になった記事タイトルをご記入ください。

関連記事一覧

PAGE TOP