他社との比較

|広告表現チェックツール『コノハ』


広告表現チェックツール『コノハ』は「あれ?この表現大丈夫かな?」と不安に思った時、辞書的に調べることができたり、誇大表現になる恐れがある箇所をぱっと指摘してくれるサービスです。
5年以上かけて広告表現のOKワードとNGワードを5,300語以上蓄積し、2019年に広告文章チェックデータサービス『ツクヨミ』を構築、弊社のオンリーワンサービスとして特許を取得。
2020年4月に誰でもかんたんに広告表現チェックができるよう『コノハ』をリリースしました。

|広告表現チェックツール『コノハ』と他社との比較


|コノハと他社の違い

|特許取得!薬機法・景表法に準拠したデータベース『ツクヨミ』 搭載


5年以上かけて蓄積した約8,000語(2022年7月時点)の薬機・景表法表現OK/NGワードおよび代替表現のビックデータ 『ツクヨミ』を搭載。幅広い広告表現チェックに対応しています。また、『ツクヨミ』は弁護士が一緒に監修しており信頼性が違います。
(表示情報判定装置 特許第6621095号)

|工数削減!瞬時にチェック結果がわかる


広告表現チェックツール『コノハ』は、や画像を入力するだけで広告表現を瞬時にチェックすることができます。
従来、長時間かけて行っていた広告表現チェックが短時間でスムーズに行えます。

|利用制限なし!気になった時にいつでもチェック可能


広告表現チェックツール『コノハ』は、契約後は何回でも利用できます。
目視ではなく機械でチェックを行うので、利用制限もありません。
「この表現大丈夫かな?」 「このワードは使ってもよかったかな?」 などと気になった時にチェックが可能です。

|安心のサポート体制!弁護士による質問回答


当社顧問弁護士 磯田弁護士に広告に関する質問や法律相談を行うことができます。
また、万が一何か問題が起きた場合も当社顧問弁護士に相談、依頼することができます。

※法律相談に関しては、回答まで数日ほどお時間をいただく場合があります。
また、同様の質問が多数寄せられた場合は、ご質問された企業を特定されない範囲でQ&Aとして掲載させていただくことがあります。

|Q&A

Q.他の広告監修ツール・サービスとは何が違うの?
A.残念ながら、コノハは『オンリーワンサービス』のため比較できるツールは存在しません。(類似ツールは『コノハAPI』で連携したサービスでない限り特許権侵害となります。)

▼Q&Aページはこちら▼

コノハQ&A

|その他サービス

◯目視監修
目視による個別監修を承ってます。ご相談、お見積はお気軽にご相談ください。
価格等の詳細はサービス資料に掲載しています。
サービス資料お求めの際はお気軽にお声がけください。

|お問い合わせ

PAGE TOP