よくあるご質問

|よくあるご質問


広告表現チェックツール『コノハ』『コノハAPI』導入をご検討される企業様からのよくあるご質問をまとめました。

|コノハの名前の由来


A.『コトノハ』の「ト」が抜けた造語です。
言葉が不足していたり、説明が不足していたり、時には誇大表現になってしまったり…不足している言葉を補えるサービスでありたいと願って『コノハ』と命名いたしました。

Q.推奨環境はありますか?
A. 推奨環境等は下記の通りになります。
推奨環境:Crome
非推奨環境:Safari
非対応環境:IE, bing

NEW!Q. スマホでも使えますか?
A. スマホは対象外です。パソコンでご利用ください。

NEW!Q.どんなフォントに対応していますか?
A. 様々なフォントに対応しております。例えば、手書きでもチェックすることができます。

NEW!Q.キーワードチェックは何文字まで入れられますか?
A. 約2,000文字前後まで入力可能です。記事広告のチェックにも適しています。

NEW!Q.
日本以外からでも使えますか?
A. インターネットに接続していればお使いいただけます。

NEW!Q.チェック時にLPの長さや画像チェックの重さに制限などはありますか?
A.極端に長いLPに関してはセッションアウトが発生いたします。目安として45秒以内でコノハがLP全体を画像認識できるものに関しては、チェック可能です。もし極端に長いLPをチェックする際には、JPGデータにしていただき、分割してチェックをお願いいたします。

▼お問い合わせはこちら▼

お問合せ

Q.アカウントを複数購入する場合、ボリュームディスカウントはありますか?
A. はい。ございます。営業担当にご相談ください。別途お見積させて頂きます。

Q.毎月の利用料に関しては請求書の発行はありますか?
A. はい。発行させて頂きます。ご登録頂いたアカウントのメールアドレス宛にPDFで月末ご送付させて頂きますのでご確認ください。

Q.導入後、解約はいつでもできますか?
A. ご契約期間満了1ヶ月前にご解約をメールにてお申出ください。また途中解約の場合は、ご契約期間中の料金全額をお支払い頂けますといつでもご解約可能です。

NEW!Q.月の途中で解約した場合、日割り精算はありますか?
A.ございません。

NEW!Q.デモアカウントに制限はありますか?
A.ございません。無料期間中はすべての機能を無制限でお使いいただけます。

NEW!Q.デモアカウントは何時まで使えますか?
A.利用期限日の23:59までお使いいただけます。

NEW!Q.案件が少ないので、スポットで利用したいのですが、可能でしょうか?
A.申し訳ございません。現在、スポットでのコノハ利用は承っておりません。

Q.『コノハ』のチェック精度ってどうなの?本当に信頼できる?
A. 信頼性の面ですが、現在弁護士と一緒に監修したキーワードをデータベースに蓄積しております。また、コノハの精度については実際のデモンストレーションにてご覧頂くとよりご納得頂けるかと存じます。オンラインセミナーにぜひご参加ください。

Q.広告表現OK/NG表現は随時増えるのでしょうか?
A. はい。毎月弁護士と一緒に精査しながら増やし続けています。

Q. 動画広告の監修はできますか?
A.残念ながらコノハではできません。ただし、目視監修で承ってます。別途サービス資料がございます。お気軽にお問い合わせください。

Q. チェックレベルの、「簡易」「標準」「精密」の違いは何ですか?
A. チェックレベルは下記のような定義づけをしております。
簡易:簡易は、行政や消費者から指摘される恐れが極めて高いキーワードを指摘表示します。
通常【推奨】:通常は、誇大広告となる恐れがあるキーワードを指摘表示します。広告審査落ちを防ぐ目的のチェックは通常がお勧めです。
精密:精密は、誇大広告となる恐れがある表現だけでなく、過去消費者等から指摘された事項、特殊な指摘(各媒体の審査基準)等も踏まえ細かな部分まで指摘表示します。

Q.チェック結果に出る【NG】【RISK】【SAFE】のそれぞれの定義はありますか?
A.チェック結果は下記のような定義づけをしております。
【NG】:過去行政または消費者から1回以上指摘があったもの
【RISK】:行政または消費者より指摘される可能性が高いもの
【SAFE】:指摘される恐れがないもの

NEW!Q.ワードファイルやテキストファイルでもチェックできますか?

A. ワードファイルやテキストファイルはご利用いただけませんが、テキスト、画像、キーワードのチェックが可能です。

NEW!Q.Excelシートは読みとり可能ですか?
A. Excelシートはご利用いただけませんが、PDFとしてエクスポートし、チェックいただけます。

NEW!Q.社内の監修チームや、クライアントにコノハの結果を共有したいのですが・・・
A. 下記の方法で共有いただくことが可能です。
①CSVをダウンロードし、共有
②「すべての注釈を表示」>必要な注釈のみを残して、画面キャプチャ

NEW!Q.コノハをどのように活用すればいいですか?
A. 下記のような方法以外にも様々な場面でお使いいただけます。
①広告出稿の前にコノハを利用。NGだったワードをチェック→改善
②目視監修の抜け漏れ防止に
③広告監修に関する社内研修に活用

NEW!Q.画像チェックがテキストチェックに比べて精度が落ちることはありますか?
A.OCRの技術を利用しているため、テキストのチェックに比べ精度が落ちることはございません。

Q.コノハ利用に関してカスタマーサポートなどはありますか?
A. はい。お問い合わせフォームまたはメールでご対応させて頂いております。

Q.サービスの不具合があった場合はどうしたら良いですか?

A. お手数ですがお問い合わせフォーム、メール、電話でご連絡ください。急ぎ確認させて頂きます。

NEW!Q.コノハでチェック後、広告表現でわからないことがあるのですが・・・
A. 契約いただいている企業様にはchatworkで質問できる場を設けております。広告表現に関するご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。
※調査が必要なものやご質問の量が多い場合は追加で費用を頂く場合がございます。

NEW!Q.chatworkで広告表現に関する質問ができるということですが、どのくらいで返信が返ってきますか?
A. 24時間以内を心がけておりますが、業務多忙の際は超過する場合がございます。あらかじめご了承ください。

NEW!Q.chatworkでの広告表現に関する質問はどのくらいの頻度で使われていますか?

A. 1企業様あたり、月に1-2回が平均となっております。

Q.導入した後、プレスリリースを打ってもいいですか?
A. はい。もちろんです。ぜひプレスリリースを打ってください。PR TIMES等で「コノハを用いて消費者の誤認を防ぐ活動を開始」としてプレスリリース打つと企業の信頼性アップに効果的です。

Q.『コノハ』を使ってコンサルティング(アドバイス)をしてもいいですか?
A. 残念ながらコノハは広告チェックを用途としてご利用頂いております。広告チェックとコンサルティングは(株)アートワークスコンサルティングにご依頼ください。

Q.目視監修依頼はおいくらくらいでしょうか?
A. 別途サービス資料がございます。お気軽にお問い合わせください。

NEW!Q.薬機法や景品表示法などの勉強会を依頼することはできますか?

A. はい、ぜひ個別でお問い合わせくださいませ。

Q.コノハAPIは通称『コノハバリデ』と呼ばれているみたいですが、「バリデ」とは何でしょうか?
A.「バリデーション」の略です。例えば、文章の中に誇大広告に該当しそうなキーワードがあった場合、システムでチェックしてOK/NGを判定し、NGの場合はポップアップで警告を出す。の様にシステムでチェックする機能としてご活用頂けることを想定し愛称として命名しました。

|お問い合わせは以下のURLから


お問合せ

PAGE TOP