広告チェックツール『KONOHA』for 動画

|広告チェックツール『KONOHA for 動画』は?


広告チェックツール『KONOHA for 動画』とは、誰でもかんたんに動画広告の中で誇大表現があるかチェックできるツールです。
5分前後の動画をわずか数十秒でチェックできます。
使い方はいたって簡単。YouTube URLを入れるだけです。

|動画広告市場の現状と課題


動画市場のグラフ

2021年の動画広告市場は、昨年対比142.3%となる4,205億円に達する見通し。
2022年には5,497億円、2025年には1兆465億円に達する見込みです。

参考:
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=27195

今後動画広告は、デジタルマーケティング活動において重要な地位となってきます。今後も急速な拡大が見込まれ、2025年には1兆円規模に達すると予測されています。
急速な市場拡大に伴い、優良誤認、有利誤認を招く動画広告が監修もなされず配信されている現状があります。
短い動画広告でも30秒以上あります。
監修するためには最初から最後まで視聴する必要があります。
そのため時間と労力がかかることが事前に監修されない主な要因として挙げられます。
しかし、配信前に監修を行わず漫然と動画を配信した場合、配信停止のみならず法律に抵触する恐れがあります。
また、配信者の信頼を低下させることに繋がりかねません。

|動画広告の悩みを『KONOHA for 動画』で解決!


こんなお悩みございませんか?

・ 動画広告作成したのはいいけど、誇大表現になってないか心配
・ 最初から最後まで通して確認しないといけないから、監修が大変

誇大表現が含まれているか、含まれていないかだけでもぱっとチェックできないかな…?
クリエイティブチェックされている方なら、誰でも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決できるのが、広告チェックツール『KONOHA for 動画』
広告動画は約15秒~30秒とされていますが、5分程度の長い動画もあっという間にチェックができます。

|使いかた


①YouTubeURLを入れる。

②チェックボタンを押す。

③チェック結果が表示されます。マウスオーバーで指摘理由を確認することもできます。

④チェック結果に基づいて動画を編集し、配信する。

|広告チェックツール『KONOHA for 動画』の仕組み


広告チェックツール『KONOHA for 動画』はAIを実装しており動画の字幕をスクレイピングして形態素解析を行い、AWC独自のアノテーションデータと突合させることで結果を表示するとともに代替表現を表示します。
この技術は特許を取得しており、またアノテーションデータについては弁護士と協同で作成した極めて精度の高いデータとなっております。
また、アノテーションデータは全て自社独自で収集したキーワード群で形成されており、あえてディープラーニングを行わず、不必要なデータを一切取り込まないデータベース群となっております。

|制約事項


広告チェックツール『KONOHA for 動画』の制約事項として、システム上動画の字幕をスクレイピングしているため一部会話とテキストに齟齬が発生します。
これは字幕上の問題であり本システムで精度を高めることができません。あらかじめご了承ください。

|今後の展望


今後mp4に対応する予定です。

|価格

広告チェックツール『コノハ』ご利用ユーザー様は当面無料でご利用頂けます。(お試し/7daysパスポートユーザー対象外)

API、OEM提供企業様にはオプション販売スタートしました。
詳細は弊社までお問合せください。

|通常版 広告表現チェックツール『コノハ』について


通常版の広告表現チェックツール『コノハ』は、テキスト・画像・URLを入力するだけで簡単にWEBサイトやチラシの広告チェックができるツールです。
誰でも簡単にスピーディーに広告チェックが可能になります。

通常版の広告表現チェックツール『コノハ』については、以下のご紹介ページをご覧ください。機能の一部を無料で体験して頂けます。
広告表現チェックツール『コノハ』サービスページ

|お問合せ


お問合せは下記フォームよりお願いいたします。

PAGE TOP