コノハがJCIAガイドラインに対応!【新カテゴリ追加のお知らせ】

|広告表現チェックツール『コノハ』


広告表現チェックツール『コノハ』は誇大表現になる恐れがある箇所をぱっと指摘してくれるサービスです。

自動でウェブサイトや資料(PDF、JPG、PNG)の文章をチェックできるので、目視監修で2-3日かかる監修をぱっと終わらせることができます。
今回、薬機法、景表法、医療広告ガイドライン、健康増進法に加えて、JCIAガイドラインに対応いたしました。

|JCIAガイドラインとは?


JCIAガイドライン(化粧品等の適正広告ガイドライン)は日本化粧品工業連合会(粧工連)が広告表現として規制及び遵守されるべき事項がより明確になるよう配慮した当連合会の自主基準として作成したガイドラインです。

◯化粧品等の適正広告ガイドラインはこちら
https://www.jcia.org/user/common/download/business/advertising/JCIA20200615_ADguide.pdf

|コノハへの追加実装項目


虚偽誇大表示等は、健康増進法や景品表示法による禁止の対象となります。

虚偽誇大表示となる恐れがあるキーワードデータベースベータ版(通称『ツクヨミ』)が準備できました。
”JCIAガイドライン” “化粧品” を選択し、チェックをお試しください!

|コノハでできること


Find(見つける):誇大広告になる恐れがある箇所をぱっと見つけることができます。
Search(調べる):キーワードチェック機能は『辞書』としてご利用頂けます。

『あれ?この表現大丈夫かな?』と気になった時いつでも調べることができます。
登録キーワード数は約5,300以上。更に毎月キーワード数が増えています。
どちらの機能も『コノハ』だけのオンリーワン機能。
他社サービスではご利用頂けません。

|広告出稿効率化


コノハなら広告出稿までの流れを効率化できます。
一般的な広告監修にかかる時間は、約20ステップもかかっていると言われています。
広告表現チェックツール『コノハ』を導入することで、20ステップかかっていたものが約半分の9ステップまでに削減することが可能に!

|コノハによる期待効果


・ 広告入稿前チェックでクリエイティブの手戻り修正工数大幅削減
・ 広告審査落ち大幅低減
・ 社内監修負荷軽減
・ 安心・安全な広告運用
・ 安心・安全なEC運用

|お問い合わせはこちらから


PAGE TOP