コノハUpdate!-コノハに新機能が追加されました-

|コノハUpdate!新機能が追加されました


平素よりお世話になっております。
この度、広告表現チェックツール『コノハ』に新機能が追加されましたのでお知らせいたします。

|その1 チェック結果のPDFダウンロードが可能に!


コノハのチェック結果レポートをPDFでダウンロードができるようになりました!
この機能では・・・

・チェック後の画像をそのままダウンロード可能!
・チェックされたキーワードが一覧で分かりやすく
CSVやスクリーンショットで共有せずとも、サクッと社内・社外にチェック結果を共有することができます!
(“レポートをダウンロード” を押すと、zipファイルで指摘番号が入った画像とチェックされたキーワード一覧をダウンロードすることができます)

|その2 チェック結果のレベル分けが四段階表示になりました


コノハでチェック後、「NG / RISK / SAFE」というレベル分けが表示されていたと思いますが、よりわかりやすいレベル分けを行いました。

【新しい4段階のレベル分け】
NG:過去に消費者庁などから指摘を受けた表現。

RISK:今後消費者庁や消費者から指摘を受ける可能性が高いもの。

代替案アリ:今後消費者庁や消費者から指摘を受ける可能性が高いもののうち、代替案があるもの

事実確認:事実や根拠があれば表現OKなもの

今後も、コノハユーザーの皆様とともにコノハをより良いものに精度を高めてまいります。

|広告チェックツール『コノハ』とは


広告チェックツール『コノハ』は、薬機法・景表法・健康増進法・医療広告ガイドラインに特化し、誇大表現になる恐れがある箇所をぱっと指摘してくれるサービスです。
自動でウェブサイトや資料(PDF、JPG、PNG)の文章をチェックできるので、目視監修で2-3日かかる監修をぱっと終わらせることができます。

|コノハでできること


Find(見つける):誇大広告になる恐れがある箇所をAIが自動で検出、結果を表示します。
Serch(調べる):キーワードチェック機能は『辞書』としてご利用頂けます。
『あれ?この表現大丈夫かな?』と気になった時いつでも調べることができます。

登録キーワード数は約5,300以上。更に毎月キーワード数が増えています。
どちらの機能も『コノハ』だけのオンリーワン機能。
他社サービスではご利用頂けません。

|広告出稿効率化


コノハなら広告出稿までの流れを効率化できます。

|コノハによる期待効果


・広告入稿前チェックでクリエイティブの手戻り修正工数大幅削減
・広告審査落ち大幅低減
・社内監修負荷軽減
・安心・安全な広告運用
・安心・安全なEC運用

|コノハの価格


価格、サービス詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。
詳細はこちらからご覧ください。
https://free.konohacheck.com/

|お問い合わせはこちら


ご覧になったページのタイトルをご記入ください。
PAGE TOP